パートナー

菊野 聖貴(Masaki Kikuno)

昭和55年9月生

【経歴】

平成11年3月 私立麻布高等学校卒業
平成11年4月 早稲田大学法学部入学
平成16年3月 早稲田大学法学部卒業
平成18年4月 中央大学法科大学院入学
平成20年3月 中央大学法科大学院卒業
平成20年9月 司法試験合格
平成21年12月 第二東京弁護士会登録、弁護士法人霞門法律事務所入所
平成24年11月 さくら共同法律事務所入所
令和4年4月 さくら共同法律事務所のパートナーとなる

【主な取扱分野】

1. 人事労務:事務所の多数の顧問先企業から、日常的に労務相談を受けているほか、労働訴訟、労働審判等の個別労働紛争への対応及び団体交渉や労働委員会等の集団的労使紛争への対応なども多数取り扱っている。
2. 事業再生・倒産分野:多数の法人破産申立て、製造業やゴルフ場等の民事再生申立てを取り扱っているほか、会社更生事件において更生管財人代理を務めた実績を有する。
3. 企業法務全般
4. 一般民事事件
5. 家事事件(離婚、相続など)

【講演】

1. 平成27年12月5日 東京都高等学校体育連盟主催の平成27年度高等学校運動部活動指導者講習会において、「体罰・ハラスメントに係る法的諸相−理論と実務、それぞれの視点から−」と題する講演を行う。
2. 人事労務をテーマとする多数の企業内研修やセミナーにおいて講師を務めている。

【著書・論文】

1. 『季刊事業再生と債権管理』(2018年1月5日 冬号・159号)(金融財政事情研究会)
「特集 会社更生の活用促進に向けて 《第2部 滋賀ゴルフ倶楽部の会社更生事件》」
2. 『債権管理・回収モデル文例書式集』(共著)(新日本法規出版)

【弁護士会・団体活動】

第二東京弁護士会司法修習委員会 副委員長(平成30年1月〜)
日本弁護士連合会綱紀委員会 調査員(平成31年4月~)
日本労働法学会会員
全国倒産処理弁護士ネットワーク会員